【採用学 事例報告会】入社後に活躍する人材を効率的に採用する方法とは?

Description
いくら採用予定人数を確保できたからといって、採用した人材が「入社後」に自社で「活躍」できないと、採用した意義が薄れます。入社後に活躍する人材を獲得することは、採用活動における重要な目標の一つです。

ただし、その目標のためなら、いくらでもヒト・モノ・カネの「資源」を投入できるかといえば、そうではありません。できる限り小さな「コスト」で、できる限り大きく「活躍」できる人材を採用する必要があります。

すなわち、「採用コストを効率化」しながらも、「入社後に活躍」できる人材を獲得するには、どうすれば良いのでしょうか。

このような問題意識に基づいて、この度、採用学研究所では「採用学 事例報告会」を開催します。「採用コストの効率化」と「入社後の活躍」の両方を実現すべく取り組んだ採用事例を紹介し、その含意を丁寧に読み解くセミナーです。

採用事例の紹介は、それに取り組んだ当事者である採用担当者から行っていただきます。その後、採用学研究所から、事例からの教訓を整理してセミナー参加者にお伝えします。

今回の報告会において紹介するのは、次の三社の事例です。

  1. 株式会社シグナル:PR+ソーシャル事業を手がける同社では、候補者となる学生が自分の後輩を連れて面接に臨む「二人三脚採用」という方法を設計・実行。
  2. 株式会社オルトプラス:昨年バックオフィスを解体し、企業ブランディングを中心に据えた新体制を設立。人事制度、採用戦略、広報、総務といった幅広い領域で攻めの施策の陣頭指揮をとるコーポレートブランディング部が、企業文化形成を目的に据えた新卒採用を手掛ける。
  3. 株式会社ウィル:関西を基盤として不動産業を主な事業領域とする同社は、採用支援会社が運営するナビサイトによる広報を一切ストップし、ダイレクトリクルーティングでの採用を実行。

いずれの事例も、採用コストを小さくしながらも入社後に活躍できる学生を採用しようとする取り組みです。事例紹介においては、例えば次の点をお話しいただく予定です。

・ どのような経緯で、新しい採用を実行することになったのか?
・ 採用コストはどのぐらい減ったのか?
・ 入社後に活躍する人材を採用するためにどんな工夫をしたか?
・ 実際に新しい採用に取り組む中で、学生はどんな反応を見せたか?
・ 新しい採用を遂行してみて、従来の採用と何が違ったか?
・ 新しい採用の手応えはどうか?
・ 新しい採用を進める中で浮かび上がってきた課題は何か?

「採用学 事例報告会」は、事例紹介を通じて具体的な採用ノウハウを提供すると同時に、採用学の観点から事例の内容を解釈することを通じて教訓を深めようとするセミナーです。ご関心のある方の申し込みを待っています。

◆日時
2019年1月24日(木)18:00-20:00 ※開場:17:45

◆場所
株式会社ベクトル ラウンジ
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F

◆定員
30名
※抽選で参加者を決定いたします
※チケット取得をもって参加確定ではありませんのでご注意ください。【1月18日(金)】より、折り返し事務局より当落のご連絡をさせて頂きます。

◆参加費
無料

◆講師のプロフィール

天野 渉:株式会社シグナル COO

総合PR会社ベクトルグループの子会社 株式会社シグナルのCOOとして、多数のクライアントに対して、ブランディング、プロモーション、ソーシャルメディア運用などをコンサルティングする一方、シグナルが3名から100名規模に育つ過程で、人事、採用、教育、研修などのHR領域を担当する。また早稲田大学 大学院経営管理研究科 杉浦ゼミ(通称 人材ゼミ)に在籍。卒業、MBA取得に向け、PP執筆に取り組んでいる。


柳 奈央子:株式会社オルトプラス コーポレートブランディング部 マネージャー @hello_naotsun
2014年入社。バックオフィスを解体し、経営課題をバックオフィス側から解決するべく
バックオフィスを解体し、コーポレートブランディング部を設立。
年間100名以上の採用やコスト削減、リファラル採用の体制構築などをバックオフィスから文化をつくることで実現。
現在ではバックオフィス向けのコミュニティイベントを運営もしている。

宮前 いずみ:株式会社ウィル 人材開発グループ 部長
1999年4月に新卒で同社に入社。現在入社20年目。
不動産流通、経営企画業務(予算管理・分析業務)、システム構築・運用、IPOなどの経験を経て、人材開発グループの責任者となる。新卒採用および社員研修を業務領域とする。
2015年度卒採用から、従来の採用手法を一新。現在のダイレクトリクルーティングの手法を構築し、コスト削減および離職率の低下を実現した。

伊達 洋駆:株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役
神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。同研究科在籍中、2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年にビジネスリサーチラボを創業。人事サービスの共同開発、組織の調査、経営層へのコンサルティングを手がける。2013年に神戸大学大学院 服部泰宏研究室と共同で採用学研究所を立ち上げ、同研究所の所長を務める。2017年には日本採用力検定協会 理事に就任。

◆ご参加にあたってのお願い
本セミナーの様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影をさせていただく可能性があります。写真・動画は主催者が関与するウェブサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。ご参加に際しては、上記をあらかじめご了承ください。

◆主催
採用学研究所
株式会社ビジネスリサーチラボ
Updates
  • タイトル は 【採用学 事例報告会】入社後に活躍する人材を効率的に採用する方法とは? に変更されました。 Orig#397853 2018-12-27 08:53:22
Thu Jan 24, 2019
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社ベクトル ラウンジ
Tickets
抽選参加チケット ※チケット取得をもって参加確定ではありませんのでご注意ください。【1月18日(金)】より、折り返し事務局より当落のご連絡をさせて頂きます。
Venue Address
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F Japan
Organizer
ビジネスリサーチラボ事務局
1,366 Followers